ドラッグストアの
店頭プロモーションを
一歩未来へ。

INSTORE LABO

CONCEPT コンセプト

ドラッグストア業界における
店頭販促ソリューションを
ワンストップで支援致します。

日々、店舗には様々なメーカーから販促物が届いていますが 使用されるのは約30%という低い状況が長期に渡り課題となっております。
その為、メーカー各社は販促物設置ラウンダーを手配し、設置コストも負担しています。
一方、店舗側では五月雨式に送られてくる什器でバックヤードが一杯になってしまう、ストア設計に合致していないなど、 止む無く廃棄する実情と複数のラウンダーの対応を行うことに時間が取られるという課題を抱えています。
これらの問題を解決する為に、小売主導に立ち販促物・設置をワンストップで支援するソリューションをINSTORE LABOのメイン事業として ドラッグストアとメーカーがWin-Win(店頭実現率100%)になる仕組みを提供してまいります。

ISSUES 現状の課題

ISSUE01

メーカー主導の販促ツール制作

メーカー各社がそれぞれの思惑・規格で制作するため、 ドラッグストア・メーカー双方に負担を強いる結果に。

  • 約70%のツール
    が廃棄
  • メーカー各社
    バラバラの仕様。
    売り場が混乱
  • 競合店と
    売り場が
    同質化
IMG
ISSUE02

店頭ラウンダーの存在

メーカー各社のラウンダーが店舗に訪問。店舗交渉や売り場拡大などを個店単位で実施。 そのため、本部統制力を弱める結果に。

  • 本部統制力
    低下
  • ラウンダー
    対応のため
    人件費増加
  • ツールの
    廃棄負担
IMG

SOLUTION ソリューション

INSTORE LABOは、店頭実現力向上に向けた 製販共同取組みスキームを構築します。

INSTORE LABO

店頭販促ソリューションを
ワンストップで支援します。

現在のスキームで起きているメーカー販促費用のムダをなくし 有効活用する仕組みへの転換には小売主導での販促活動が重要です。

INSTORE LABO

店頭販促をワンストップで管理することで、 ドラッグストア・メーカー共に、余計なコストが削減し、 本部指示の売り場実現率が大幅に向上。

TOP MESSAGE 代表ご挨拶

ドラッグストア業界における「ムダ」を失くし、店頭販促の質を高め、 お客様に選ばれる小売業にすること。
結果、メーカー様との販促プランを100%店頭実現しブランドを育てるというWin-Winの関係構築の架け橋へ。

ドラッグストア業界は少子高齢化など国内市場が縮小する中、毎年成長を続けている小売市場です。
しかしながら近年はM&Aによる業界再編に加えamazonなどの台頭によるEC市場という脅威に対し、 リアル店舗間の同質化からの脱却、ネット販売と比較した時の明確な付加価値を創造していかなくてはならない時期に来ているのではないでしょうか。
このような環境下、店頭販促のあり方を抜本的に改善することが「店舗の明確な付加価値を実現する」為には必要と考えます。
その方法は、店頭のツールを今までのブランド主体(メーカー様視点)から小売主体(お客様視点)に変えることです。
そこで当社は小売業様に寄り添いこの仕組みを完遂すべくワンストップでご支援致します。
この仕組みは、小売業様とメーカー様の更なるWin-Winの関係構築になると確信しております。
小売業様には「本部統制力向上」「売り場同質化からの脱却」 メーカー様には「本部商談決定事項の店頭実現、棚割維持率100%」「店頭販促費用100%有効活用」をお約束致します。

代表取締役社長秋田晃周

COMPANY PROFILE 会社概要

社名 株式会社 INSTORE LABO
事業内容 流通主導の店頭販促プランニング・
販促物制作~店頭設置業務を提供
所在地 東京都渋谷区渋谷2-12-19
東建インターナショナルビル 6F
連絡先 TEL/03-6824-9797
FAX/03-5464-8322
資本金 3,000万円
設立日 2018年2月9日
グループ会社 株式会社メディアフラッグ(東証マザーズ6067)
株式会社MEDIAFLAG沖縄
メディアフラッグ上海有限公司
cabic株式会社
O&H株式会社
株式会社impactTV
株式会社札幌キャリアサポート
役員 代表取締役社長 秋田 晃周
取締役 福井 康夫 株式会社メディアフラッグ代表取締役社長
取締役 石田 国広 株式会社メディアフラッグ取締役